アカマツ(赤松)
針葉樹 マツ科
北海道南部から四国、九州まで分布。常緑高木で、樹高は35m、樹幹には生育環境によって曲がりが見られる樹皮は名前通りの赤茶色。針状の葉は2葉性で、細長い。
松材は摩擦に強く、粘りがあります。古くから敷居や階段材に使用されています。
現在、マツクイ虫などの被害で、松材が少なくなっています。

 
階段の段板に使用